HOME 01先輩インタビュー 02先輩インタビュー 03先輩インタビュー 04先輩社員座談会 採用情報 エントリー 会社HP

目が悪い私にとって、眼鏡は身近な存在。その眼鏡を通じて誰かに貢献できるということが、この仕事を選んだ理由です。現在、私は店頭で販売を担当しています。検査で視力矯正の度数が決まったお客様に、まずはフレームやレンズの種類を選んでいただきます。そして、その眼鏡をかけたとき、その方にぴったり合うようフレームの形状などを調整するというのが、仕事の大まかな流れです。単純なようですが、眼鏡をどのように使うかは、お客様によってさまざまです。たとえば、日常的に眼鏡をかける方もいれば、普段はコンタクトレンズで寝る前の数時間だけ眼鏡を使う方もいます。その方に合った商品をおすすめして、納得していただき、ご購入に導くことができるとやりがいを感じます。


接客の際にはレンズやフレーム選びのアドバイスをするのですが、レンズもフレームも種類が多く、視力の状態、使い方、ご予算などによってお奨めするものは違います。お客様一人ひとりに適切にアドバイスするには、医療や商品の専門知識が必要です。私自身、分からないことばかりで最初は戸惑いましたが、これでは良い接客はできないと思い、疑問点は先輩たちにどんどん聞いて覚えていきました。また、お客様のご要望を理解するために、十分に話をうかがうことも心がけていました。仕事に慣れてきた現在は、お店の業務が滞らないよう効率的に動くことも心がけています。ていねいに対応しつつも、お店のことも考えて仕事ができるようになったところに、成長を実感しています。


店舗勤務を始めて約1年。最近は「すごく分かりやすい説明ですね」とお客様からお褒めいただくことも増え、少しずつ自信もついてきました。でも、もちろんまだまだ未熟です。眼鏡は本当に奥の深い世界で、医療知識や商品知識、ファッションセンスがないと、思うような仕事はできません。もちろん、ヒアリング能力も必要です。理想とする先輩方を見習って、お客様本位の接客に磨きをかけていきたいです。また、自分が先輩から学んだように、私自身の経験を積極的に後輩たちに伝えることで、少しでも力になりたいです。それが、より魅力あるお店になることにもつながると思っています。