HOME 01先輩インタビュー 02先輩インタビュー 03先輩インタビュー 04先輩社員座談会 採用情報 エントリー 会社HP

最初はファッションとしてのメガネに興味があり当社に入社したんです。入社後はベストメガネコンタクトでの販売を経験する中で、視力検査を担当する機会があり、そこで「視力って、ものすごく面白い!」と眼科検査にも興味を持つようになりました。そんなある日、代表から「診療支援部の一員となって、ドクターとのコミュニケーション担当となり、患者様にとってより良い医療環境づくりをする仕事をしてほしい」と、告げられました。それまで眼科医療には携わっていない私に、新たなステージを用意してくれる、そういう会社なんですよね。一人ひとりの性格や資質、仕事ぶりを常に見てくれている会社だから、期待に応えたいと思いましたね。


ドクターや患者様の要望に対してスピーディーに、きめ細かく対応することを肝に銘じています。大きな裁量も持たせていただいているので、行動しやすいですね。例えばドクターから、「車椅子の患者様が診察室に入りづらかった」と言われたら、すぐ自分の責任において内装工事を手配。もちろん上長に報告しますが、迅速さが重要だという認識がすでに一致しているからこそできる行動だと思います。そして今、私は5名の部下の育成という仕事や、医療関連の学会に参加し、患者様のためになる機器を探すという仕事もやっています。どの仕事も、人のために役立つことを一番に考えているので、大変やりがいに満ちていますよ。


武蔵浦和のエリアマネージャーとして、眼科医院の運営にも携わっています。なかでも新しいことを実施するのは特に難しいのですが、「新しいことは楽しいから、やっていこう!」というスタンスでスタッフを導いて行っています。人が育っていくと、「やった!」という達成感がありますね。私は経営にも興味があり、利益観点を強く持っているので、もっと会社の経営に貢献したいですね。これから上に立ってゆく身として、人材の育成・成長を考えることと、世の中のニーズを捉える力をさらに養い、「会社が成長するためにはどうすればよいか」ということを常に考えていかなければならないと思っています。