会社HP エントリー 採用情報
ウィルソフトが大切にしていること
ウィルソフトは、技術力よりも「人間力」を大切にしています。がつがつと「成長」や「新しい技術」を追いかけるのではなく、まずは一人ひとりができる範囲のことをしっかりして、一歩一歩、着実に成長していければいいという考え方です。目の前のお客様の要望に対して、できることを一生懸命に頑張り続ければ、振り返ったときには技術と経験がひとりでに身に付いているものだと思います。
皆さんはIT業界に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?昔は、人の手でしていたことをコンピューターにやらせるためのIT化が多かったので、情報処理の基本など理系の知識が求められる場面は少なくありませんでした。でも、今は全く違います。私たちが行っている仕事は、「ITの力で世の中を便利にすること」です。「こんなことができたらいいのにな」という夢を実現するための一員として、様々な仕事をしています。文系の人でも、理系の人でも、それぞれの力を発揮できる場面は非常に多いのです。
いろいろな得意分野を持った人が集まり、協力しながら楽しんで仕事をやりきる。それが、ウィルソフトならではの仕事の進め方ではないでしょうか。

安心して働ける
「チームプレー」の力

当社では新人研修は3カ月間行っており、その後も定期的にフォローアップ研修を行っています。こうした場では、社会人としての基礎や、仕事で必要となるマネジメントスキルなど、あくまで基本をしっかり身に付けます。日々の仕事に必要なことは、現場での仕事を通じて学んでもらっています。そこでは、面倒見の良い先輩たちが、自分が先輩たちからしてもらったように、皆さんのことを手取り足取り教えてくれるでしょう。
大切なことは、協力し合いながら「チームプレー」で働くことです。一人で頑張っていても、その人の実力以上の仕事はできないものです。しかし、チームの仲間がいればお互いを補い合えますし、個人の力以上のことができます。「一人じゃないんだ」という気持ちになれれば不安もなくなります。
だからこそ、たとえ新入社員であっても、チームの中においては欠かせないメンバーになり得るのです。初めのうちは少しのことしかできなくても、任された部分をきちんとやり遂げれば、一つのものを作り上げた大事なメンバーの一員です。
これからのウィルソフトについて
一歩一歩成長しながらも、「軸」は変えずに、引き続き皆が「楽しい」と思えるような仕事に取り組んでいきたいと思います。
IT業界は本当に幅広く、常にいろいろな技術やサービスが生まれています。ちょっと手を伸ばせばできそうかなと思える仕事もたくさんあるので、仕事の幅を広げるためにも、新しいことにはチャレンジしてみたいですね。それを私が舵を取るのではなく、社員の意思で積極的にチャレンジしてもらえたらいいなと思っています。最初は売上は度外視で、「面白そうだからやってみよう」でいいんです。チャレンジを通じて、たとえ難しいことでも一つずつできるようになれば、それが将来的に社員一人ひとりの大きな成長につながっていきます。大事なのは、無理をしないこと。自然な歩幅で前に進むことです。
社会は日々、変化を続けています。しかし、我々が基本としている「社会にとって、ユーザーにとって、社員にとって、魅力ある会社であり続けること」という基本方針は普遍です。これまで大切にしてきたことは変えずに、「いつでも戻れる場所」として引き続き大切にしていきたいと思っています。

社長からのメッセージ

私たちにとって、「人を育てること」は一つの使命だと考えています。今後はますますIT技術者が求められる時代になりますが、IT業界における人材育成は時間がかかると言われています。だからこそ、ウィルソフトでは毎年新入社員の採用を行い、できる範囲の中で少しずつでも育てていこうと取り組んでいます。結果、一人ひとりの成長の積み重ねが会社全体の成長に繋がっていけばいい、そんなふうに思っているのです。
ですから、前向きな人に来ていただきたいですね。できるかどうかを悩む前に、「やってやるんだ!」という姿勢で取り組むことができれば、何でもできると思います。「根拠のない自信」でもいいんです。先輩たちもみんなそうでしたから。
皆さんに期待するのは、ウィルソフトにフレッシュな風を注ぎ込んでほしいということ。組織としても、若い方が入って来ることを非常に楽しみにしています。若さを存分に活かしながら仕事に取り組んでいただき、共に楽しい職場をつくる仲間として、面倒見のいい先輩たちのもとでのびのびと育っていってほしいと思います。