会社HP エントリー 採用情報



ウィルソフトに入社した理由












僕は、「就活ラボ(現 アクセス就活)」がきっかけでウィルソフトのことを知り、「文系の人でもエンジニアになれる」というところに興味を持ったのが最初。会社案内やホームページを見て、実際に話を聞いてみようと説明会に参加したんだ。社員の方たちと実際に話してみたら、楽しく仕事ができそうだなと感じたのが決め手になったんだけど、皆はどう?




僕も最初は「理系じゃないと無理だろう」って思っていた。でも、合説でお話しさせてもらった人事担当の小林さんの印象がとても強く残って。その後にお会いした先輩方も、みなさんとてもいい人ばかり。「ここなら僕を受け入れてくれるんじゃないか」っていう気持ちの方が強くなったのが理由だなあ。




私も小林さんの印象は強かった(笑)。あと、いろいろな社員の方にお会いして、風通しの良さそうな会社だなと感じたから。元々中小企業で働きたいっていうのは決めていて、ウィルソフトならいろいろなことが経験できて、人の役に立てる仕事ができそうだと思ったんだよね。




私は永田さんに「いい会社があるよ」ってウィルソフトのことを教えてもらったのがきっかけ。ホントありがとう(笑)!私は理系だから、それまでは研究職だけを受けていたんだけど、文系の仕事も幅広く見てみようと思った時だったので、そういうことならと思って説明会に参加したの。元々研究でパソコンも使っていたし、学生時代に勉強したことが活かせるかなっていう気持ちもあったかな。今は金融機関の業務システムの設計書作成やプログラム作成などを任されているんだけど、実は、想像以上に覚えることがたくさんあったよ(笑)!




そうなんだ!この中では唯一の理系なのにね。




学校でいくらパソコンを使っていても、やっぱり仕事になると全然違うんだなって思った。仕事で使えるようになるためには、それ用にイチから覚えることになるし。しかも、SEってもっと一日中パソコンとにらめっこする仕事だと思っていたのに、意外とそうじゃなかったよね?




確かにそうだよね。僕は今、常駐先でアカウントの作成やメールアドレスの発行、パスワードの切り替えといったサポートの仕事をしているんだけど、パソコン作業と同じくらい、お客様とコミュニケーションをとっていろいろ話す仕事が多いと感じているところ。




僕は金融機関の勘定系サーバの構築を担当しているんだけど、意見を求められたり、お客様のニーズを聞いたりといった、話をしながら進めていく部分はとても多いんだ。会社説明会のときから小林さんが「理系や文系は関係ない。逆に文系の経験を活かせる仕事はたくさんある」と言っていたことの意味が、最近わかった気がする。




私は最初はシステム基盤の作成をして、次に業務システムの開発、今は最初の現場の仕事と同じ基盤系の開発。私だけすでに3つ目の仕事って、何か一人だけ多いような気も・・・(笑)?




逆に羨ましいよ!いろいろなことができて、いいなあって思うよ!





ウィルソフトの魅力












ウィルソフトの魅力って、どこだと思う?私は「チャレンジできるところ」だと思うんだ。知識や技術を持っている先輩がたくさんいるから、先輩たちの姿を見ていると「私もこういうふうになりたいな」と思えるというか。自分に足りないことを見つめ直せる機会が多くて、それがきっかけで自分を成長させることができる場所かなって思うんだ。




それは僕も同じ! だから、新しいことに挑戦したい「チャレンジ精神旺盛な人」はすごく働きやすんじゃないかな。正直、仕事ってもっと辛いものだと思ってたんだ。でもそんなことはなくて、社内はほんわかしているというか、雰囲気もよくて談笑が絶えないし、仕事ばっかりじゃないところはとても気に入っているよ。




「働きやすい」という一言に尽きると思うな。親身になって相談に乗ってくれる先輩がいて、チャレンジしやすい環境が整っている。だから仕事が楽しいよね。

 




それに、とっても開放的。社内は風通しもいいし、社員同士仲がいい。仕事をきちんと覚えてしまえば、やりたいようにできるし。だから、「面白そう」「興味がある」くらいでも問題なくやっていけると思う。「やる気」さえあればね。




入社して思ったのは、想像以上に人との関わりの中に仕事のやりがいがあるということかな。システムができて感謝されたら嬉しいし、もちろん達成感はあるけれど、たとえば毎月一度、全社員が集まる「月例会」の場で先輩や後輩と交流した時に、ウィルソフトを選んでよかったなと思う場面ってすごく多くない?




確かに。私は内定が出て以来、参加できるイベントはほとんど参加しているんだけど(笑)、働きだしてからは現場が違う人と知り合うのが楽しくて、月例会は毎回ホント楽しみに参加しているんだ。




月例会は、終わった後の飲み会が楽しいよね! お酒が入って、普段と違う面が見えたりして、そこでぐっと距離が縮まるというか。




そう考えると、フットサル部もあるし、みんなでビアガーデンに行ったり、社内イベントは多い会社かもしれないね。同業他社で働いている友達に聞くと、社員が集まるイベントは年に一回だけっていうひともいたし。コミュニケーションをとれる機会が多いのは嬉しいなあ。




私たち4人も結構頻繁に集まって、出かけたりするよね。誕生会をしたり。って、私がやりたいから声をかけて、付き合ってもらっているだけ・・・?




違う違う! 全然そんなことないよ(笑)







IT業界の魅力












最初はITって何?という感じで、どんな仕事をするのかまったく想像もつかなかった。だけど、金融機関のシステムの仕事をしていて感じているのは、IT業界の仕事をきっかけに金融業界にも詳しくなれるんだなっていうことかな。ITって実は入り口で、ITが関わる様々な分野のことを学べるから知識が広がって楽しいと思うんだ。




今や、どの家にもパソコンはあるからこそ、パソコンのことで困っている人は多いと思う。だから、仕事で詳しくなるにつれて、人の役に立てるとか、みんなが知らない知識を得られるといった喜びとかは、すごくやりがいだなあって感じているんだ。そこがIT業界を選んでよかったと思うところ。奥が深いので日々発見があるし、挑みがいもある(笑)




友達や家族に「俺、IT業界で働いているんだ」と言えるところかな(笑)。
・・・それは冗談として、今後、パソコンの知識はあって困らないものになるはずだから、そういうスキルが自然と身に付く環境に身をおけるのはいいことだと思う。




IT業界のやりがいって、自分が携わったものがカタチになって、お客様のところに届くところだと思っているんだ。お客様に喜んでもらうために、想定した通りに画面表示されるかドキドキしながら日々プログラムを組んでいるから、それがうまくいって、無事に滞りなく納品できた時は本当に嬉しいよね。




ウィルソフトって、早いうちから大きな仕事を任せてくれる会社だよね。僕はサーバを作っているんだけど、まさか、いきなりそんな責任重大なことをやらせてくれるとは思わなかった(笑)。でも何かあれば先輩がフォローしてくれるから、思い切って取り組める。




僕の今の職場はものを作って納める仕事ではない分、たとえばトラブルを解決したり、うまくアドバイスができて仕事がスムーズに進んだりした時は達成感があるなあ。




「IT=ものづくり」だけではないし、ITだからといって一日中無言でパソコンと向き合っているわけでもない。いろんな仕事があって、そこが大変な一方で楽しいところでもあると思う。だからこそ、「働きやすさ」って重要だと思う!




私たちが働きやすいと感じながら頑張れているのは、先輩たちが後ろで助けてくれているからだよね。ウィルソフトの良さって、そういうところなんじゃないかな。





どんな人に入ってきてほしいか









社風として浸透していることだけど、「10年、20年先にどうなりたいのか、そのためには今は何をすべきなのか」について考えながら働くことが当たり前の会社じゃない? だから、些細なことでもいいから、「将来こんな風になりたい」というビジョンがある人は、有意義な時間を過ごせると思うんだ。




うんうん。あとは、何か目標を持ってコツコツ頑張れる人とか、計画を立てて進めることが好きな人だと、ウィルソフトの仕事の進め方と合うはずだよね。




いざ入社すると、どの仕事も初めてやることばかり。最初はわからないことだらけなのは仕方がないわけで、だったらそこでくよくよせずに「失敗してもいいので前に進もう」と思えることは大事じゃないかな。そういう意味で「前向きな人」がいいと思う。これはどの会社でも必要なことかもしれないけど、特にウィルソフトはそういう人を応援してくれる会社だから、イキイキ働けるはず!




誰と働くかって、すごく大事だよね。だから、どの会社を受けるにしても、その会社の社員と直接話すことが大事だと思う。その人を通じて見えてくる会社の姿が、「信じられる場所」なのかどうかで決めるといいと思う。実際私がそうやって決めたし。ホント、ウィルソフトにしてよかったよ!




会社のことを信じられることも大事だけど、そこで働く人に対して「一緒に働きたい」と思えるかどうかも重要じゃない? それで言うと、ウィルソフトは間違いなく「人」が魅力の会社だよね。




繰り返しになるけど、ホントIT業界って人とのつながりが重要。協力しながら仕事をするからこそ、人で決めてもいいとさえ思うんだ。




やっぱりIT業界って一人の力では仕事ができないよね。連携を取りながら、顔を合わせて進めていかないといいものは作れないし、満足のいく仕事はできない。だから、ウィルソフトに興味を持ってもらえたら、ぜひ僕らを含め、働く人の声にも触れることが大事なんじゃないかな!